スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護士、預かり金2500万円着服か 地検出頭

福岡県弁護士会は22日、同会所属で福岡市の稲尾吉茂弁護士(46)が、依頼者約30人から負債整理などで預かった計約2500万円を着服した疑いがあると発表した。

同会の調査に対し、稲尾弁護士は「金は事務所経費や生活費に充てた。返還は困難」と説明。同会は懲戒処分を検討している。今のところ告訴や告発は行われていないが、19日に福岡地検に自ら出頭し、取り調べを受けたという。

同会によると、稲尾弁護士は1998年4月に登録し、同市中央区舞鶴3に個人で事務所を開いていた。2007~09年に担当した約30件の任意整理や破産申し立てで、依頼者から預かった解決金を債権者に払わなかったり、予納金を裁判所に納めなかったりした。

消費者金融から回収した利息制限法の上限を超える金利分(過払い金)も返還していなかった。ほかにも着服の疑いがあるという。

解決金支払いが滞ったことで、消費者金融から民事訴訟を起こされた依頼者もいる。滞っていた期間の利息は今後、依頼者に請求がくる可能性もある。

同会は被害者から苦情を受け、今年8月頃から調査を開始。専用窓口(ジャスト法律事務所、電話092・771・5024)を設けて相談に応じている。

同会所属の弁護士を巡っては、相続財産管理人として管理していた遺産1945万円を着服したとして北九州市の弁護士が業務上横領罪で起訴され、10月に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受け、資格を失った。[読売新聞]


また福岡の弁護士の着服です。
前回の相続遺産の着服事件の時には、仲間の弁護士から1000万を借りて被害金を完済したとして執行猶予となりました。
今回も仲間の弁護士がお金を貸して執行猶予になるのでしょうか?

「これからは福岡県弁護士会の会費の中に弁償用として毎月1万円くらい積み立てたらどうでしょうか」
>>http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/33063973.html(弁護士と闘うさん)

「こうした事態を未然に防ぐには、定期的に進捗を確認し、一社ごとに都度精算を行ってください。」
>>あってはならないこと(ガチンコ過払い請求! 千葉債務整理相談室ブログさん)

【関連記事】
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング
>>過払い金依頼の失敗例(20) とにかく事務所に来いとゴリ押し営業する有名弁護士事務所
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)

過払い金返還重く 消費者金融大手3社2800億円

顧客が過去に払いすぎた利息(過払い金)の返還負担に耐えられず武富士が経営破綻して28日で1年。
消費者金融の同業各社にも返還請求が今なお続いており、アコム、プロミス、アイフル大手3社の利息返還金は1年で合計約2800億円となった。

武富士が会社更生法の適用を申請した昨年9月から今年8月まで、アコムが1057億円、プロミスが1100億円、アイフルが632億円の利息返還金を支払った。総額は前年同期に比べ13%増加。武富士の破綻に伴い、借金をすでに完済していた顧客からの返還請求が跳ねあがった。大手3社は返還金の引当金を積み増し、2011年3月期にそろって赤字になった。

消費者金融大手幹部は「付き合いが終わったはずの“寝た子”を武富士が起こしてしまった」と話す。利息返還の請求件数は足元でやや落ち着いたが、急速に膨らんだ要請に支払いが追いつかず返金の滞りもみられる。プロミスは今年4月以降に毎月100億円を超える支払いを実施。当初の計画を上回り、グループの三井住友銀行は追加支援を検討している。

一方で、武富士は10月末にも会社更生計画案の認可を得て、11月にも事業を再開したい意向だ。
[日経新聞]

プロミスが三井住友FGの完全子会社になる前の記事です。
過払い返還請求の件数は減少傾向にあるようですが、年収の3分の1を超える貸し付けを原則禁じるなどの総量規制もあって、市場規模は縮小傾向です。
「銀行傘下になっても貸出残高が伸びるとは思えない」とプロミスが言われているように大手消費者金融が置かれている状況は厳しいままです。

【関連記事】
>>プロミスを完全子会社化へ三井住友FG 個人向け金融で連携強化
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング
>>過払い金依頼の失敗例(19)「あなた以外にもたくさん案件があるから無理」
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)

約4100万円脱税、司法書士逮捕 過払い金報酬一部隠す

奈良市の司法書士が「過払い金返還請求」の代理人報酬などを隠し、所得税を脱税したとされる事件で、
奈良地検は10日、大阪司法書士会所属の小林充春容疑者(63)を、約4100万円を脱税したとする
所得税法違反容疑で逮捕した。小林容疑者は8日から所在不明になっていたが、10日午後、同地検に出頭。
小林容疑者の認否について、同地検は「捜査の中身に関わる」として明らかにしていない。

過払い金返還請求の代理人報酬を巡り、司法書士や弁護士が申告漏れや所得隠しを
指摘されるケースが相次いでいるが、逮捕は異例。

同地検の発表によると、小林容疑者は、担当した過払い金返還請求手続きで、
貸金業者が返還した金の中から受け取った成功報酬の一部しか税務申告せず、
2008年までの3年間で計約1億1000万円の所得を隠し、脱税した疑い。

小林容疑者は01年12月に司法書士資格を取得。04年3月には、請求額140万円以下の
簡裁の訴訟などで弁護士同様に代理人業務ができる「認定司法書士」の資格を得ていた。

「過払いバブル」申告漏れ相次ぐ

過払い金返還請求は、利息制限法の上限金利(元本額により年15~20%)と
改正前出資法の上限金利(年29・2%)の間の「グレーゾーン金利」で借りた人が、
利息制限法を超える部分について、支払い済みの利息の返還を求めるもの。
最高裁が2006年、グレーゾーン金利を事実上否定する判断を示した後、活発化した。

グレーゾーンは10年6月施行の改正出資法で撤廃されたが、この間の請求の多発ぶりは「過払いバブル」と呼ばれ、
認定司法書士が代理人を務める請求手続きは、06年の24万件から09年には71万件に急増。
日本貸金業協会によると、貸金業者が返還した過払い金も、08年度に1兆円を超えた。

請求に関わった認定司法書士や弁護士の申告漏れも相次ぎ、国税庁は09年10月、
計697人に対し、1年間に総額約79億円の申告漏れを指摘したと発表。
小林容疑者の所得隠し額も、06年の約2000万円が、07、08年は各4000万円超に倍増していたという。 [2011年6月11日 読売新聞]

小林容疑者は、自宅などに対する地検と大阪国税局の家宅捜索が始まる直前の8日朝、自宅から逃走したとみられ、行方が分からなくなっていた。10日午後1時半すぎ、関係者とともに地検に出頭したという。
「過払いバブル」もそろそろ終わりが近づいています。
司法書士や弁護士の申告漏れや所得隠しはよくありますが、逮捕は珍しいです。
逃げちゃだめでしょう。

【関連記事】
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>過払い金依頼のクチコミ・評判
>>過払い金依頼の失敗例(19)「あなた以外にもたくさん案件があるから無理」
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)
>>債務整理・過払い 武富士

アコム、過払い利息返還に1千億円規模の引当金

三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)傘下の消費者金融大手アコムは13日、利用者から取りすぎていた「過払い利息」の返還に備え、2011年3月期連結決算で1千億円規模の追加引当金を積む方針を固めた。

3大銀行グループでは、傘下の消費者金融会社やクレジットカード会社が抱える過払い利息の返還が収益を大きく圧迫している。引当金を積み増すとその期の決算での損失は大きくなるが、その後ずるずると損失が膨らむ可能性を小さくすることができる。

三菱UFJは3月末に傘下のクレジットカード最大手三菱UFJニコスに追加出資し、過払い利息返還の引当金を追加で700億円積ませた。アコムでも十分な引き当てを積むことで、3大銀行グループの中で先行して「過払い利息問題」にめどをつける狙いだ。

アコムは大規模に引当金を積み増すため、11年3月期連結決算の純損失が2月時点の予想の509億円から1千億円超に増える見通しだ。

アコムは昨年12月末時点で、返還に備えて1820億円の引当金を積んでいたが、追加で積み増すことで3千億円前後になり、消費者金融大手でも最大規模になる見通し。返還請求があったとしても、当面は支払いに応じられる水準になる。追加で引き当てる分は約4千億円の自己資本から取り崩し、資本増強はしない方針だ。

アコムは昨年4月から12月までの9カ月間に、過去の消費者からの求めに応じて返還した過払い利息は約670億円。昨年9月に同業の武富士が倒産した影響で、その後のアコムなどほかの社の過払い請求が増えていた。

消費者金融大手のアコム、プロミス、アイフルへの過払い請求件数が高止まりしたと報道もされています。
アコムの過払い金返還の引き当て金追加を受けて、銀行グループ傘下のプロミスの動向が注目されます。

>>アコム 過払い金の対応・最新情報

【関連記事】
>>債務整理・過払い 武富士
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼のクチコミ・評判
>>過払い金依頼の失敗例(18)「来月には提訴すると思いますよ。ワッハハハ」
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)

武富士支援 韓国大手A&Pが優先交渉権

会社更生手続き中の武富士が、再建を支援するスポンサーについて、韓国の消費者金融大手、A&Pファイナンシャルを選定する方針を固めたことが9日明らかになった。A&Pに優先交渉権を与え、月内にもスポンサー契約を結んで、A&Pが武富士を買収する見通し。

3月末の最終入札には、A&Pのほか貸金業のJトラスト、米投資ファンドのサーベラス、TPGキャピタルが参加。武富士は「事業再建と債権者への弁済の最大化」(管財人の小畑英一弁護士)を重視しており、A&Pはこれらを踏まえた経営計画が評価されたとみられる。落札額は数百億円とみられる。

A&Pは、韓国で「ラッシュ・アンド・キャッシュ」のブランドで事業を展開。海外への進出を積極化させている。[毎日jp]

「選考過程における公平性・透明性が担保されていない可能性が非常に大きい」と管財人の選定手続きを批判して武富士の最終入札に参加していたJトラストは、昨日スポンサー選定から撤退しました。
そのJトラストはの落札額は310億円。
スポンサーも決まり、武富士が重視している「債権者への弁済の最大化」・過払い金の弁済率が何%になるのか注目されます。

【関連記事】
>>債務整理・過払い 武富士
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼のクチコミ・評判
>>過払い金依頼の失敗例(18)「来月には提訴すると思いますよ。ワッハハハ」
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。