スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【武富士新CM】過払い金返還峠越えで消費者金融CM増加

貸出金利の上限引き下げやグレーゾーン金利の撤廃、貸出枠の総量規制、過払い金の返還請求と逆風にさらされてきた消費者金融に、ようやく明るさが見えてきたようだ。

最大手の「アコム」は2013年3月期第2四半期(2012年4~9月期、累計)の業績予想を上方修正するなど好調。SMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」や新生銀行の「レイク」、Jトラストの「武富士」などはテレビCMでの露出が増えている。
[J-CASTニュース]

最近、テレビを見て消費者金融のCMよく見るなと感じていました。
アコムは、タモリさん。
プロミスは、相武紗季さん。
レイクは、山田優さん。
アイフルは、バナナマンさん。
芸能人を起用してCMを積極的に打ってきている。

CMで、消費者金融⇒パチンコ⇒法律事務所という流れで見たとき、切なくなりました。

一方、武富士も12年10月13日から、「踊り」を前面に押し出した「武富士」ブランドのテレビCMを復活しました。武富士のCMと言えば、武富士ダンサーズのインパクトが印象に残っています。
「うぉんちゅーしーまいへー あーのにのねぇー そーちゅなごろなしっまいなろうぇ~」
です。
が、イメージ一新のため、再開するCMではダンサーズの起用は見送られています。

Jトラストの藤澤信義社長いわく「知名度を生かしつつ、利用者に『また借りられますよ』ということを伝えたい」が武富士CM再開のねらいだそうです。
「ダンスで日本を元気に」だそうです。これは本気で言ってるのでしょうか?ジョークですよね?
過払いを踏み倒した会社が、どの口で言えるのでしょうか?
ずうずしいというか、虫が良すぎるというか。
「ダンスで日本を元気に」という前に、まず責任を果たすべきではないでしょうか。
武富士のCMを見て、債権者、特に過払い債権者は激怒しています。

>>今新しい武富士やCMしてたがつぶれたから過払とかももう返してくれないんやろ
>>今日武富士のCMを見ました
>>新しい武富士のコマーシャルを見ました。 過払い金の返還もまともに出来ずに経営...

武富士ブランドを扱っている会社が、ロプロから日本保証に社名変更していた事にさっき気付きました。名前がコロコロ変わるJトラスト関係は訳が分からなくなる。これも戦略のひとつなのでしょうか。

【関連記事】
>>過払い金依頼の失敗例(25) 面談予約をしたのに司法書士がいない
>>ネオラインキャピタル・Jトラスト社長が語る「過払い」
>>過払い請求の業者別対応状況【2012年最新版】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>経営破綻した貸金業者一覧
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング(2012年07月)
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。