スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイフル、3期ぶりに最終黒字 12年3月期

アイフル関連の記事を二つ紹介します。

まずは、【アイフル、3期ぶりに最終黒字 12年3月期】
事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)による経営再建中のアイフルは2日、2012年3月期の連結最終損益が170億円の黒字になったもようだと発表した。前の期は319億円の赤字。顧客が払い過ぎた利息(過払い金)の返還に備える引当金の繰り入れがなくなり、3期ぶりの最終黒字を確保した。

同社は将来発生する引当金として、10年3月期に2573億円、11年3月期に769億円を計上していた。ただ返還請求は減っておらず、追加の引き当てを求められる可能性もある。売上高に相当する「営業収益」は、前の期に比べ約22%減の1140億円となったもようだ。貸付金の減少が響いた。

同社は「貸金業への規制を強化した改正貸金業法の影響や、過払い金の返還請求の動向が不透明だ」として、業績予想を公表していなかった。[日経新聞]

もうひとつは、【アイフル、希望退職に341人応募=想定上回る、特別損失21億円を計上】
また、アイフルは27日、4月に募集した希望退職に341人が応募したと発表した。グループの全正社員(1907人)の1割強に当たる250人を想定していたが、それを上回った。6月末に退職する。契約社員や派遣社員も200人程度削減する方針だ。[時事ドットコム]

消費者ローンも、借入総額を制限する改正貸金業法が完全施行された2010年6月以降、減少傾向が続いてきたが、3か月連続増加と改善の兆しが出てきました。
また、新しいCMにバナナマンを起用してアイフルは新規融資に注力しています。
危ない、次はここだと言われていましたが、このまま業績は安定してアイフルは落ち着くのでしょうか?

【関連記事】
>>アイフル倒産の噂と過払い金返還状況
>>経営破綻した貸金業者一覧
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング
>>過払い金依頼の失敗例(22) 「この過払い金利息少ないですね!」
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。