スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営破綻した貸金業者一覧

最盛期には4万7000社(1986年)あった消費者金融は、現在は2390社(2012年1月)にまで落ち込んでおり、淘汰のスピードは弱まりません。消費者金融業界最大手の武富士でさえ、過払い利息の返還に応ずる体力はありませんでした。ましてや中小の貸金業者に、これに応ずる資本の蓄えがないのは明らかです。約9割の貸金業者が淘汰されたのは、当然の成り行きと言えます。

【経営破綻した貸金業者一覧】
以下の年表は経営破綻した貸金業者の中から一部を抜き出してたものです。

2007年9月 株式会社クレディア (民事再生)
2008年3月 アエル株式会社 (民事再生)
2008年7月 株式会社オークス (民事再生)
2008年8月 上毛ローン上毛與信株式会社 (破産)
2008年12月 株式会社レタスカード (破産)
2009年4月 株式会社SFCG (破産)
2009年4月 マキコーポレーション株式会社 (民事再生)
2009年4月 株式会社丸証 (破産)
2009年6月 株式会社ロビンス (特別清算)
2009年9月 アイフル株式会社 (事業再生ADR)
2009年10月 株式会社神田商事 (破産)
2009年11月 株式会社ロプロ (会社更生)
2010年3月 株式会社オリカキャピタル (破産)
2010年6月 株式会社フォーメイト (破産)
2010年9月 株式会社クレッセ (破産)
2010年9月 協同組合マリンヨコハマ (破産)
       株式会社マリンヨコハマ (破産)
2010年9月 日本振興銀行株式会社 (民事再生)
2010年9月 株式会社武富士 (会社更生)
2011年3月 株式会社首都圏ファイナンス (破産)
2011年4月 丸和商事株式会社 (民事再生)
2011年8月 株式会社SFコーポレーション (破産)
2011年8月 株式会社エージーカード (特別清算)

【関連記事】
>>ネオラインキャピタル・Jトラスト社長が語る「過払い」
>>ネオライングループ再編 子会社の切り捨て
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング
>>過払い金依頼の失敗例(21) 「うちに来る方はもっと大きい金額の方ばかりなので」
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。