スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武富士会社更生法申請・最新情報

消費者金融大手の武富士が会社更生法の申請をしました。
武富士の会社更生法申請に関してのニュースは、すでに多くのメディアで報道されています。
会社更生法の申請とは、分かりやすい言葉で言うと倒産ということです。
大手消費者金融の倒産という事で、驚かれた方も多く居られるようです。
また、今回の武富士の件で初めて過払いを知った方も居られるようです。
しかし、過払い金・債務整理を扱う弁護士・司法書士からは「とうとう来たか」と以前から予想されていたことでした。
最近の武富士は判決が確定しても、支払は4か月から6カ月後、強制執行をもいとわず、
訴訟外で早期和解交渉しても、返還は1年先と最悪の状態でした。

今後、武富士に対して新たに過払い金の返金を求める可能性がある顧客は最大で200万人規模に上るようです。今現在、武富士に過払い金返還請求をしている顧客は約11万人。まだ、請求していない顧客は200万人規模で、仮に全ての顧客が過払い金返還請求をすれば、必要な金額は2兆5,000億円前後になる計算です。武富士の負債は帳簿上で4,000億円超だが、これらを含めると大幅に膨らむのは必須です。

武富士に対する過払いはどうなるのか?
同じく大手消費者金融で1年程前に同じく経営に行き詰って私的整理をした「アイフル」の場合はあくまでも一部の債権者(銀行等金融機関)を対象とした私的整理(事業再生ADR)で、過払い債権者には影響がなかった。

しかしながら、今回は「会社更生法」である。
過払い債権者も対象になり、過払い返還額は大幅に減額される可能性が高い。

過去の例では、会社更生法ではないが、
民事再生をした「アエル」は5%の返還、
同じく「クレディア」の場合は40%、但し30万円までは全額返還された。

過払い金は、苦しい中支払ってきた個人の大切なお金です。
少しでも多く戻るような優遇措置を武富士には期待したい。

武富士の今後の過払い金対応は、武富士公式サイト・弁護士、司法書士のブログを随時チェックしていただきたい。

>>武富士公式サイト
>>武富士の更生手続きスケジュール(過払い請求・債務整理の現場ブログ)
>>武富士の続報(債務整理・過払い請求の舞台ウラ)
>>武富士 更生法申請へ!(司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継)
>>武富士 過払い 対応(更生後)(司法書士法人 静岡のブログ)
>>武富士・会社更生申請の余波(過払い請求・債務整理。東京・立川・八王子・多摩地域 司法書士藤野達也のブログ)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。