スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過払い金横領などで神戸の司法書士告発

依頼者からの預かり金や返還すべき過払い金などを着服したとして、兵庫県司法書士会は18日、業務上横領と詐欺容疑で神戸市の男性司法書士(57)を神戸地検に告発した。被害者は50人近くいるとみられ、被害総額は数千万円に上る可能性があるという。

同会によると、この司法書士は2006年5月~12年、神戸市内の70代の夫婦ら4人から債務整理を依頼されたが、預かり金を貸金業者に渡さなかったり、無断で業者と和解したりして現金計約420万円をだまし取った疑いがあるとしている。

昨年8月、顧客から同会に「連絡が取れなくなった」などと苦情があり、調査を開始。当初、聴取に対し、司法書士は「処理できていない案件が数件あるだけ」などと説明していたが、今年1月、代理人弁護士を通して「不適切な会計処理を行った」とし、破産申し立ての準備を進めていることを通知してきたという。[神戸新聞]

過払い請求が減少している状況の中、過払い金横領した司法書士が告発されました。
弁護士より司法書士の方が、過払い金をパクる悪人が多いような気がするのは気のせいでしょうか?
被害者は高齢で、被害人数は40~50人に上るようです。

懲戒・戒告処分を受けた司法書士を調べてみようと思いましたが、全国一覧で検索できなくて都道府県ごとにある司法書士会のHPを調べなければならないようです。あとは、官報を調べるしか方法がないのでしょうか?


【関連記事】
>>非常識極まりない会社!アイフル
>>【任意整理・時効援用】「これだときびしいからなーどうすっかなー」
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング(2013年01月)
>>過払い請求の業者別対応状況【2012年最新版】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>経営破綻した貸金業者一覧
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。