スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイフル倒産の噂と過払い金返還状況

最近、CMも再開され順調に再建していると思っていたアイフル。
しかし、バックに銀行があないこともあって悪い噂・倒産の話を良く聞きます。

まずは、アイフルの現状について(過払い研究所)。
アイフルは無事に社債の償還ができるのか?

加えて、もう一点、アイフルの過払い請求の和解内容が急に甘くなってきているのではないか?という点です。

破綻・破産する業者は、破綻・破産前に過払い請求の和解内容が甘くなる傾向があります。
破綻するのが決まれば、和解内容もなにも関係なくなります。
最近破綻した武富士・ニコニコクレジット・三和ファイナンスも破綻直前は和解内容が甘くなっていました。

最近のアイフルも和解内容が甘くなってきていて、アイフルの破綻が近いのではないのか?と業界内で言われているようです。

しかし、アイフルの非常識な和解提案に裁判官も呆れるアイフルの延期戦術などの記事を見る限り、アイフルの和解内容が甘くなったとは感じられません。
また、訴訟外での過払い請求のアイフルの和解内容は過払い金の1割のみという内容を提示された人もいるようです。

アイフルがいつ倒産するのかしないのか?倒産するならいつなのか?はアイフルの上層部の一握りしか分からないことです。しかし、アイフルの経営状態が不安定であることは間違いありません。
アイフルは争点があると徹底して争ってきます。
分断や過払い金の利息などを争点とせずにスピーディーに判決を取るという方法もあります。
何にせよ、アイフルへの過払い金を請求は、時間との戦いになります。

【関連記事】
>>債務整理・過払い アイフル
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング
>>過払い金依頼の失敗例(19)「あなた以外にもたくさん案件があるから無理」
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。