スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い事務所の共通点

債務整理・過払い請求を依頼する上で、「良い事務所」に依頼したいと思うのは当たり前です。
「良い」と一括りにいっても、ひとそれぞれ「良い」と感じるポイントは違います。
依頼人の数だけ「良い」はあります。

しかしながら、払いすぎた過払い金を全額返してほしくない人はいません。
依頼者の意向=払いすぎた金額全額の返還となります。
依頼者の最大の利益のために業務を遂行するのが代理人です。

以下、ふたつの事務所のブログ記事を紹介します。

当事務所は業者から嫌われている?(司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継さん)

事務所の選び方をぶちゃけますが・・・(司法書士による過払い請求、債務整理 in 大阪さん)

上記ブログを書かれているふたつの事務所は、「良い事務所」と評判です。
紹介した記事を読んで頂けると分かりますが、依頼者の最大利益のため、過払い金全額返済を基本姿勢としています。
過払い金全額返済を基本姿勢とするという事は、業者から見ればやっかいな存在であるということです。
「良い事務所」と評判のふたつの事務所は、業者から嫌われています。
過払い金全額返還請求するのは当然だと思うのですが、そのような事務所はなかなか稀有な存在のようです。
事務所選びのひとつの参考になれば幸いです。

【関連記事】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>過払い請求の業者別対応状況【2012年最新版】
>>経営破綻した貸金業者一覧
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング
>>過払い金依頼の失敗例(22) 「この過払い金利息少ないですね!」
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
スポンサーサイト

「その案件、私なら元金の8割で和解しますね」

過払い金請求を個人訴訟で数社終わらせてきたんだけど、残りの1社(元金130万・利息80万)の準備書面への反論が解らなくて、昨日、市の無料司法書士相談に行って来た。
結局、時間稼ぎで小難しく書いてあるだけでたいした争点じゃないし、みなし・悪意についても有名な反論しとけば平気との事。
勇気づけられて一通り相談終わったから、色々聞いてみた。
依頼手付金2万、訴訟10万、報酬20%は、良いとしても…

『その案件、私なら元金の8割で和解しますね』

(・Д・)エッ!?

司法書士さんも本当に色んなタイプがいますね。
訴訟がその司法書士さんは、訴訟が面倒だし和解なら電話一本で解決も早いし、その業者さんとも今後付き合いがあるし、と本音をぶっちゃけてました。
弁護士・司法書士に過払い金請求を依頼する人は気をつけてね。
まずは、弁護士・司法書士の過払い請求に対する方針・スタイルを確認したほうが良いよ。

【関連記事】
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>過払い金依頼のクチコミ・評判
>>過払い金依頼の失敗例(19)「あなた以外にもたくさん案件があるから無理」
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)
>>債務整理・過払い 武富士

弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント

債務整理や過払い請求依頼を探す時、テレビ・ラジオCMや電車の中吊りなど事務所の数がありすぎてどこに依頼をすればよいのか分からなくなります。
そこで、過払い請求・債務整理。東京・立川・八王子・多摩地域 司法書士藤野達也のブログでは、正しい事務所選びのポイントとして6つ上げています。

1・事務員ではなく弁護士・司法書士が対応していること(事務員による対応が中心の大きな事務所は、書類作成・過払い金の返還交渉・任意整理の和解交渉といった重要な部分まで事務員任せの可能性が高いです)
2・話をよく聞いてくれること
3・事務所からの手続きの説明が、かたよった内容ではなく、色々な選択肢を提示してくれていること(例えば、任意整理の説明に終始するのではなく、自己破産・個人再生の説明もしているか
4・耳障りの良い話ばかりではなく、厳しい見通しも伝えていること(過払い金の返還・任意整理の交渉については、以前よりも状況が厳しいのが現実です。)
5・専門家としての考え方を示してくれること(依頼者の方の意見は当然尊重すべきですが、依頼者は専門家の専門的判断に対して報酬を払っているといえますので、事案に応じて、専門家としての見解を示すべきです。)
6・報酬体系が明確であり、また、報酬の支払いが厳しい場合、法テラスによる法律扶助の説明をしてくれること

特に1に関しては、テレビCMを流している大手有名事務所では、対応のほとんどは事務員です。
小さな事務所でも費用が良心的で、質の高い業務をしている専門家はたくさん存在します。
上記の6つのポイントを踏まえて、できるかぎり多くの事務所に相談されることをオススメします。

>>正しい事務所の選び方

【関連記事】
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。