スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「武富士」創業家次男、武井健晃氏の狼狽ぶりと裁判の決着

かなり遅れましたが、前回の記事でも紹介した週プレでは巨悪の象徴と言われている「武富士」創業家次男、武井健晃氏の本人尋問が行われました。

【本人尋問でついに登場! 「武富士」創業家次男、武井健晃氏の狼狽ぶり】

週プレでも再三その経緯を伝えてきた、武富士創業家・武井一族を相手取った集団訴訟。

これは、武富士の経営破綻によって過払い金返還額を大幅に減らされたかつての利用者たちが起こしたもので、武井家の違法経営によって同社の財務が悪化し、しかも一族は倒産に至るまでの間、会社利益を不正に個人資産へと転換させていたのだから、返還額の不足分は武井家の私財で支払うべき―というのがその主張だ。

そして、8月30日、東京地裁で武富士創業者・武井保雄(故人)の次男にして元副社長の健晃(たけてる)氏に対する本人尋問が行なわれた。

この種の裁判で被告本人が召喚されるのは極めてまれ。司法も、武井家の会社支配の手法に強い疑念を抱いている証だ。となると、今回の尋問では健晃氏による経営の違法性と、会社利益を不正に私財へ転換させる手口を、彼の証言を通してあぶり出せるかどうかが焦点だった。

当日、東京地裁には開廷の5時間以上前から傍聴券希望者が列をつくり、最終的には98枚の券に対し、140人超の希望者が集まった。

武富士倒産後、初めて公の場に姿を現した健晃氏は、ノータイの白い長袖シャツに濃紺のパンツと地味ないでたち。シャツはクリーニングから帰ってきたばかりらしく、パリッパリのアイロン跡が。そして、尋問に先立つ宣誓では、『漫画ゴラク』の作品の悪役によくいがちな顔に似合わぬ猫なで声を聞かせた。裁判官に実直そうな印象を与えようという意図なのか。

ところが、そんな素人芝居は、原告側弁護団が仕掛けたある“飛び道具”によって引っぺがされてしまう。原告側尋問の冒頭、健晃氏がノルマを達成できなかった支店長を電話で脅し上げるやりとりをひそかに録音したテープが法廷内で流されたのだ。これはまだ武富士が健在だった頃、元支店長による残業代未払い訴訟の証拠として使われたものだ。

そのテープには、支店長が何を言っても、健晃氏が「全然足りねえじゃん!」「全然足りねえじゃん!」「全然足りねえじゃん!」の怒号で畳みかけるさまが生々しく記録されていたのである。

予想もしなかった展開に狼狽したのか、原告側弁護士から「この発言はあなたのものですか」と問われても、彼は弱々しく「いえ、記憶にありません」と返答するのが精いっぱい。傍聴席からはクスクスと失笑が起こった。

以後の彼は、完全に冷静さを失ったようだった。例えば、武富士の業績が悪くなってからも株主への高配当を続けたこと(大株主の武井家を儲けさせるためだった疑いがある)を疑問に思わなかったのかと聞かれ、「たとえ会社が倒産しても、配当するメリットがあった」と悪びれず答えてしまったりという具合。

一方で、なぜ結局、会社更生法の申し立てをしたのかとの質問には無言のまま答えない。これでは、膨大な過払い金返還から逃れ、ため込んだ私財を確保するために武富士を計画倒産させたと受け取られても仕方がない、ということがわからないのだ。

また、都合の悪い質問に対しては、わざとピント外れの回答をしたり、「失念しました」「何を言っているのかわかりません」などとシラを切ったりすることもしばしば。裁判官の心証を相当に悪くしたことは間違いない。

ひと言で言えば、尋問中の健晃氏はボロの出し放題。映画やテレビの法廷劇でも、ここまでグダグダに崩される被告はめったに登場するものではない。そんな小心者が、かつてはこわもてで債務者や社員を苦しめていたのだ……。

次回、最終弁論は11月8日と決まった。健晃氏の証言は判決にどのような影響を与えるのか?[週プレNEWS]

悪の権化にしてはとてもへたれですね。
悪の権化なら、悪の権化らしく憎たらしく堂々としてて欲しいものです。
所詮、圧倒的権力を会社内で弱者相手でしか、威張れない小物でした。

その後、以下のニュースが。

武富士創業家、解決金17億円支払い 管財人と和解成立
経営破綻(はたん)した大手消費者金融「武富士」の管財人が、創業家一族の3人と関連会社6社を相手に、不当に配当金を受け取ったなどとして計約129億円の返還を求めた訴訟の控訴審は11日、東京高裁(滝沢泉裁判長)で和解が成立した。管財人側によると、創業家一族の3人が解決金計17億5千万円を支払う内容。

解決金は「過払い利息」の返還などを求めている債権者への弁済の原資になるという。3月の一審・東京地裁判決は「違法な配当ではなかった」として管財人側の請求を退けていた。

今回の和解内容には、管財人側が、元役員を相手に計約20億2千万円の支払いを求めている別の1件の訴訟を取り下げることも盛り込まれた。 [朝日新聞]


出来レース臭が半端ない気がします。管財人の面目もある程度保られた形でしょうか。
この武富士創業者から支払われる17億円は、武富士の過払い金2回目に充てられます。
果たして1人当たりいくら手元に帰ってくるのでしょう??

▽最後に、健晃氏がノルマを達成できなかった支店長を電話で脅し上げるやりとりをひそかに録音したテープを紹介します。>>http://www.youtube.com/watch?v=ePSsldjfG7I

「全然足りねえじゃん!」の連呼。コントみたいです(笑)


【関連記事】
>>法定で明らかになった武富士の非道ぶり
>>はたして武富士の2回目の弁済はあるのか?
>>【守銭奴】過払い金返還で消費者金融と法律事務所で密約 反応のまとめ
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>非常識極まりない会社!アイフル
>>過払い金依頼の失敗例(30)「私に何をしてもらいたいんだ!」
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング(2013年01月)
>>過払い請求の業者別対応状況【2012年最新版】
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
スポンサーサイト

法廷で明らかになった武富士の非道ぶり

武富士の創業一族・武井家に対する訴訟の証人尋問が7月5日、東京地裁で行なわれました。

その訴訟で証人として登場した武富士の元社員(ともに支店長経験がある男女各1名)
彼らによって語られた証言によって常軌を逸したブラック企業ぶりと、常態化していた無法営業の数々が明らかになりました。私も武富士の元社員と話す機会がありましたが、この証言と同様の事を話していました。

以下、元社員が語ったブラック企業武富士の証言の一部です。
(週プレnewsより)

「全国の各支店には、武井保雄元会長の写真が飾ってありました。社員はその写真に向かって出勤時と退社時、挨拶をさせられます」

「昇給、昇格、賞与支給、社員研修などの際には、会長や支社長らに『お礼の手紙』を書かされました。手紙を出したかどうかは本社でチェックされ、届いていないと叱責の電話が職場にかかってきました」

「貸し付けや回収のノルマを達成できないと支店長は会議に呼び出され、上司からさまざまな罵声を浴びせられます。そして、会議に出席している同じ立場のほかの支店長にも、対象者を非難するよう強要するのです。もし発言できなければ次は自分がやり玉に挙げられるので、仲間を罵らなければなりませんでした」

「会長の次男である健晃氏が取り巻きを引き連れ、全国の支店を抜き打ちで訪問検査することを臨店といいます。臨店時の健晃氏は支店従業員に対し、『おめえ、武富士の看板がなかったらただのチンピラだろう』など、暴言の限りを尽くします。それでも社内における武井一族の存在は絶対的なものですから、黙って耐えるしかありません。彼はイヤミたっぷりに支店社員の肩を揉みながら、『世界のフォーブス(世界長者番付を発表するアメリカの経済誌)に載る億万長者の御子息に肩を揉んでもらってるんだぞ。ありがたく思え』と言ったこともあります」

「私は健晃氏の臨店時、彼の取り巻きに暴行されてけがを負いました。その事件を刑事告訴すると、今度は武富士によって実家に盗聴器を仕掛けられたのです」

「回収ノルマ達成のため、返済が困難な顧客の場合は、本来支払いの義務がない親族や友人、知人に返済させたり、それでも無理なら担当社員自身が身銭を切って立て替えたりしていました」

「課せられたケタ外れのノルマ数字をクリアするため、信用情報データを改竄(かいざん)してお客さまの返済能力を超える額を貸しつけ、逆に延滞顧客には執拗に督促電話をかけることを、誰もが上司から命じられていました」

今でこそ「ブラック企業」とメディアなどで取り上げられていましたが、当時の武富士はメディアの大事なスポンサーでした。そのようなこともあって、メディアは武富士の異常な内情を取り上げなかったのかもしれません。
ネットでは武富士のブラックぶりはそこら中に書き込まれていました。
まあ、武富士は潰れるべきして潰れたという感じですね。

8月30日には本人尋問で武富士の創業一族の武井健晃氏が出廷します。
週プレnewsでは、巨悪の象徴とまで言われています。
武井健晃氏が法廷の場でどのような発言をするのか楽しみです。

【関連記事】
>>はたして武富士の2回目の弁済はあるのか?
>>【守銭奴】過払い金返還で消費者金融と法律事務所で密約 反応のまとめ
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>非常識極まりない会社!アイフル
>>【任意整理・時効援用】「これだときびしいからなーどうすっかなー」
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング(2013年01月)
>>過払い請求の業者別対応状況【2012年最新版】
>>経営破綻した貸金業者一覧
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧

はたして武富士の2回目の弁済はあるのか?

武富士(現TFK株式会社)の更生計画に基づく第1回目の弁済状況が11月末に発表されました。
対象金額の99.2%の弁済金額、対象件数の97.7%の弁済件数。
http://www.tfk-corp.jp/pdf/2b.pdf

気になる武富士の第2回目の弁済ははたして本当にあるのでしょうか?
武富士(現TFK株式会社)のホームページに、「第2回弁済(訴訟の進捗状況)について」というpdf文章がアップされいます。(http://www.tfk-corp.jp/pdf/2b.pdf

そこには、「第2回目(最終)弁済は、各訴訟が全て終了し、回収が完了した後に実施する予定です。
現状の訴訟の進捗状況から、訴訟および回収の終了までには、少なくとも3年程度を要すると見込んでおります。」

各訴訟とは、
①国に対する法人税還付請求(約2374億円)
②株主に対する配当返還請求(約130億円)
③旧武富士役員に対する損害賠償請求(約23億円)
④証券会社に対する損害賠償請求(約291億円)

上記の訴訟は、勝訴する見込みは極めて低く、仮に勝訴したとしても控訴・上告などもあり得るため、決着が着くまでには5年以上はかかると思います。
各訴訟が決着した場合、弁済率18%が返済されると言われています。

約2374億円と桁外れの金額を請求している武富士の国に対する法人税還付請求。
国が武富士に法人税還付する可能性はほとんどありません。
武富士に法人税還付を認めると、大手消費者金融・信販会社・その他全ての貸金業者に税金を還付しなくてはいけなくなります。
過去数年分の税金を還付で数兆円規模。
国が還付を認めるはずがない。

株主に対する配当返還請求。
武富士は破綻直前にも、株の配当を出していました。
配当を出せる状態ではなく、なぜ?と問題視する人も多かったにも関わらず、
配当を出しました。もちろん大株主の創業家にも多額の配当が支払われた。
この配当は、実質的には武富士の資産の移動に当たるが、これが巧妙で、
「配当」という形を取っているため返還請求は事実上無理と言われています。

武富士の第2回目の弁済は、可能性はゼロに近い。
仮にあった場合でも、かなり先の話になります。
武富士の2回目の弁済は、あったらラッキー程度の気持ちで考えていた方が良いと思います。
過度の期待は厳禁です。だってあの武富士ですもの。

【関連記事】
>>過払い金依頼の失敗例(26) 裁判をしたがらない弁護士事務所
>>ネオラインキャピタル・Jトラスト社長が語る「過払い」
>>過払い請求の業者別対応状況【2012年最新版】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>経営破綻した貸金業者一覧
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング(2012年07月)
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)

Jトラスト、武富士の事業を252億円で継承

スポンサー問題で色々あった武富士ですが、3月1日にしれっと「株式会社武富士」から「TFK株式会社」へ商号変更しました。

Jトラストは3月1日、会社更生手続き中の武富士の消費者金融事業を会社分割により取得した、と発表した。Jトラストの連結子会社で商工ローン大手のロプロが、同日付で取得対価の約252億円を支払い、事業を継承した。

武富士本体は社名をTFKと改め、今回の事業売却収入などを原資に債権者への弁済に当たる。弁済率は、当初の計画通り3.3%を維持する見通し。

武富士の再建をめぐっては、スポンサーに決まっていた韓国企業が資金不足などで撤退するなど混乱したが、昨年末にJトラストが新スポンサーに選定されていた。

ロプロでは継承した武富士の顧客基盤を生かし、信用保証業務などを強化していく。武富士側から約300人の社員がロプロへ移籍する見通し。[MSN産経ニュース]

商号から武富士の名は消滅しましたが、武富士ブランドは引き続き使用していくようです。
吸収したロプロのロゴも面白いことになってますね。
>>http://www.takefuji.co.jp/main.html

【関連記事】
>>ネオラインキャピタル・Jトラスト社長が語る「過払い」
>>ネオライングループ再編 子会社の切り捨て
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング
>>過払い金依頼の失敗例(20) とにかく事務所に来いとゴリ押し営業する有名弁護士事務所
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)

Jトラストが武富士新スポンサーに 武富士ブランドは廃止

12月28日に会社更生手続き中の武富士が、事業買収資金の支払いなど契約が履行されなかったことを理由に、韓国消費者金融大手「A&Pファイナンシャル」とのスポンサー契約を解除し、金融大手のJトラストと新たなスポンサー契約を締結したと発表されました。

迷走する武富士のスポンサー選定でしたが、出来レースのように感じるのは私だけではないようです。

Jトラストは当初310億円近い額で手を挙げていたが何らかの理由でA&Pに決定した。
A&Pは280億円で買収する予定だったが、10月1日時点で承継する資産の評価(価値)は約250億円に下がった。それにも関わらずA&Pは資金の手当てがつかなかった事により本件スポンサードから撤退した。
ちなみに、Jトラストが拠出する分割対価は約252億円である。

>>Jトラスト株式会社武富士の再建支援に係るスポンサー契約締結に関するお知らせ
(新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌さん)

問題は、スポンサーが変更され、支援金が大きく減っているのに弁済率が3.3%と変わらないのはなぜなんでしょう?支援金が減少すれば、弁済率も減らされるのが当然なのでは?
やはり弁済率を低く計算していたのでは?

>>武富士 管財作業に疑念 ~財産評定に詐称か?隠蔽体質にも疑問~(武富士株主奮闘記さん)

A&Pファイナンシャルがこのようなことになり、
結局、Jトラストに対して当初の入札額より60億弱もの安値で売却されることになってしまいました。

今回の更正手続きによって多くの債権者が損失を蒙ることになっている以上、
この不始末の責任はしっかりととってもらいたいものですね。

>>《会社更生》武富士のスポンサーがJトラストに変更・・そしてこの不始末の責任
(司法書士 志村理のブログ 『うたた寝』さん)

以下、日経新聞より引用

【Jトラスト、「武富士ブランド」廃止 融資保証に注力】

経営破綻した消費者金融大手、武富士のスポンサーに決まった中堅ノンバンクのJトラストは「武富士」ブランドを使った新規融資は実施しない方針だ。今後は新規融資は手控え、銀行向けの保証業務に注力。武富士の顧客基盤を活用し、提携先の銀行を拡大していく。

Jトラストの藤沢信義社長は武富士買収は「ノウハウを引き継ぎ、業務提携先である銀行の保証業務を伸ばすのが目的だ」と述べた。Jトラストは東京スター銀行や西京銀行と融資保証業務で提携している。今後は武富士の顧客基盤を使って提携先を広げる計画。昨年秋には約130億円だった融資保証の残高を3年後をメドに約1000億円に拡大する。

Jトラストはグループ傘下の商工ローン大手ロプロを受け皿会社として、3月に武富士の事業を引き継ぐ。武富士の社員については今月中にも希望者をロプロに転籍させる考えだ。

以下、引用終わり。

武富士に債務が残っている人は注意が必要です。
悪名高いJトラスト。債務整理・延滞などがあれば即一括請求してきます。

【関連記事】
>>ネオラインキャピタル・Jトラスト社長が語る「過払い」
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング
>>過払い金依頼の失敗例(20) とにかく事務所に来いとゴリ押し営業する有名弁護士事務所
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。