スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訴訟提起しないで過払い金満額(利息込み)返還可能な丸井エポスカード

過払い金返還を取り巻く日々悪化している。
過払い金満額返還となると(利息込み)消費者金融は当然のことながら、最近クレジットカード会社においても提訴しないと過払い金満額返還は難しい状況にある。

そんな中、唯一丸井エポスカードは、訴訟提起しないで過払い金満額返済に応じてくれている。

しかし、丸井エポスカードが過払い金満額返済に応じるのは専門家に依頼した場合だけのようです。
専門家を通さない本人請求の場合、訴訟前の和解は過払い金の7割を提示してくる。
裁判を起こせば、過払い金満額を払う業者で、丸井グループの2010年3月期連結決算は、最終損益が51億円の黒字で、カード事業ではショッピングクレジットの利用額が伸び手数料収入が増加して体力も十分ある。

丸井エポスカードに本人請求する場合は、訴訟前の電話交渉の時点で提訴をちらつかせながら強気で交渉すれば8割~9割程度まで過払い金の返還額が上がるケースもある。
過払い金満額返還が希望なら、本人訴訟か専門家に依頼する必要がある。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。