スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコムも過払い金減額和解要求・控訴も辞せず

過払い金返還請求に素直に応じていたアコムも判決が出ても過払い金の返還要求をしてくるようになってきているようだ。しかも。要求に応じなければ控訴も辞さない姿勢のようだ。

アコムは、決算予想を下方修正 最終損益が赤字に転落。最終(当期)損益が262億円の黒字から509億円の赤字になる見込みだと発表した。利用者が上限金利を超えて支払った「過払い金」の返還に備えた引当金を大幅に積み増すためだ。
武富士破綻以降、アコムの過払い請求件数は3倍~4倍に増えてきている。
そのため、アコムもなりふり構わず過払い金減額要求するようになった。

以前、ある業者が行った「事務所詣で」がアコムでも始まっている。
メガバンクが付いているアコムも相当追い込まれている。
アコムへの過払い請求返還は一層厳しくなってくると予想される。
アコムへの過払い請求をお考えの方は、早急な行動をお勧めします。

>>アコム 過払い請求訴訟 判決後の支払い(司法書士法人 静岡のブログ)

【関連記事】
>>アイフルの過払い金請求の対応・評判・クチコミ パート4
>>アイフルからの嘆願書・過払い金は4割で
>>武富士会社更生法申請・最新情報
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。