スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過払い金を依頼者に直接返還する業者【家族バレ注意】

過払い金について弁護士が代理をする場合は、通常は判決後、弁護士事務所の口座に振り込みがされます。

しかし、なぜか(家族に内緒で過払い請求している人に対する嫌がらせ)いくつかの業者は弁護士事務所の口座に振り込むことを行わず、直接過払い金を依頼者本人に返金します。
代表的な業者は以下です。

アイフルライフ第一審の判決が出るとすぐに支払います。
SFコーポレーション控訴審の判決が出るとしばらくしてから支払います。
ネオラインキャピタル判決が出るとしばらくしてから支払います。

利息を含めて過払い金の全額を支払うのであれば、過払い金返還請求訴訟の途中で和解をすればよいのにと思いますが、今のところ上記の業者とまともな水準での和解をすることは困難です。

>>過払い金・依頼者へ直接後へ金をする業者(弁護士法人よつば総合法律事務所)

【関連記事】
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い請求の各業者対応状況【グループ分け】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)
>>大手消費者金融の過払い金の対応
>>過払い請求に対するクレジットカード会社の対応
スポンサーサイト

大手消費者金融の過払い金の対応

大手消費者金融の中でも、メガバンクグループに入っているアコムとプロミスは、独立系のアイフル・武富士に比べて過払い請求の対応はまだマシです。

現在、アコム・プロミスは特に争点がなければ、判決になる前に利息込みの満額で和解になります。

ただ、プロミスに関しては、最近になって返金を来年4月にして欲しいとか、分割払いにして欲しいと言ってくるようになりました。
その和解を拒否すると、最終的にはおよそ4ヵ月前後の一括返済で和解に応じます。

アコムは現在、分割払いにして欲しいとは言ってきませんが、返金時期が以前のように和解から1~2ヵ月というわけにはいかなくなってきました。

アイフルは相変わらず判決になることがほとんどですが、控訴してくるかどうかの基準はいまいちわかりません。
控訴してこないと、判決後1週間くらいで返金に応じますので、比較的短期間で回収できる場合もありますが、控訴されると回収までに半年以上かかることもあります。

武富士は、過払い金の元金であれば和解に応じることも稀にありますが、利息込みの金額だと和解はできません。
そのため、利息がほとんどつかないようなケースでない限りは、判決になることが多いです。

大手消費者金融の過払い金の対応は、日々悪化しています。
過払い請求をお考えの方は、早急なに行動に移すことをお勧めします。

>>大手サラ金の対応(債務整理・過払い請求の舞台ウラ)

【関連記事】
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>債務整理・過払い請求の舞台ウラ(いなげ司法書士事務所)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。