スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【守銭奴】過払い金返還で消費者金融と法律事務所で密約 反応のまとめ

前回の「過払い金返還で消費者金融と法律事務所で密約」の記事に対する弁護士・司法書士の反応をまとめてみました。紹介させていただいたほとんどの弁護士・司法書士が密約を持ちかけられています。
しかし、皆さんその密約を断って、依頼者の利益の為に消費者金融と交渉しています。
密約を断った為に、消費者金融からの嫌がらせを受けた弁護士・司法書士も大勢います。

本来返さないといけない過払い金をあの手この手と卑怯な手を使い、最近では利益を出し始めている消費者金融は許せませんが、もっと許せないのが助けを求めた「弱者」を「金づる」にした弁護士・司法書士は絶対に許せません。社会的制裁を加えるためにも、密約を交わした法律事務所の公表を求めます。
日弁連・日司連の自浄作用は全く期待できないですし。
まあ、色んな関係で公表は無理なのでしょうね。
スポンサーサイト

過払い金返還で消費者金融と法律事務所で密約 債務者の知らぬ間に

もう時間がたっているニュースですのでご存知の方も多いと思いますが、スルーできないニュースなので取り上げたいと思います。知ってる人は、以前から「消費者金融と法律事務所で密約」は知っていました。
密約を誘われ断った弁護士・司法書士は多くいます。
個人的には、やっと明るみになったかという感じです。

以下、朝日新聞記事↓

消費者金融業者に払い過ぎた借金の利息を取り戻す「過払い金返還請求」をめぐり、業者が、請求を代行する法律事務所と手を結び、債務者の一部に不利益となる協定を秘密裏に交わす例があることがわかった。返還額を減らして手早く和解する内容で、業者のメリットは大きく、法律事務所も多くの依頼を処理できる。その一方で、債務者は知らないまま、返還額を減らされている。

朝日新聞は、全国展開する消費者金融業者の内部資料を入手した。それによると、協定は「包括和解」などと呼ばれ、相手先には、過払い金の返還請求を主に扱う大都市圏の弁護士や司法書士の法律事務所などの名前が20ほど並んでいる。

この業者の元幹部ら複数の関係者は取材に対し、内部資料に記された協定の存在を認めたうえで、「返還の支払いを減らすことが目的だ。『交渉の結果、取り戻せるのはこれだけ』と法律事務所に言わせれば、債務者はあきらめて和解する」と打ち明ける。各地の法律事務所などに協定を働きかけるのは日常的だという。

消費者金融に関する相談を数多く手がける三上理(おさむ)弁護士(東京弁護士会)は「手早く和解するという法律事務所の利益のために、過払い金を請求できる人の権利が損なわれている。協定を結んだ弁護士や司法書士には、職務倫理上の問題がある」と指摘。弁護士職務基本規程などに触れるおそれもあるという。

この業者は取材に「和解は個別に行っている。ご指摘のような協定はない」と回答。
資料に名前のあった法律事務所などのうち十数カ所にも取材を申し込んだが、いずれも
「お答えすることはない」などと拒否した。


「弁護士職務基本規程などに触れるおそれもある」とありますが、思いっきり触れていると思うのですが。
「払い金の返還請求を主に扱う大都市圏の弁護士や司法書士の法律事務所などの名前が20」の事務所名の公表してほしいものですが、公表されることはないのでしょうね。
日弁連・日司連が具体的に行動・指導をするとは思えませんし。

大都市圏の弁護士や司法書士の法律事務所のホームページを見ると、「ここは密約してるな!」と分かります。
アコム・プロミス・アイフルの過払い金返還率・過払い金返還(特に裁判をせずに和解)までの期間を見たら分かります。ネット上で広告を打っている弁護士・司法書士のホームページを見比べて下さい。
もう書き換えられている可能性もありますが。

次の記事では、「消費者金融と法律事務所で密約」に関する弁護士・司法書士の反応をまとめて紹介します。

>>【守銭奴】過払い金返還で消費者金融と法律事務所で密約 反応のまとめ

【関連記事】
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>非常識極まりない会社!アイフル
>>【任意整理・時効援用】「これだときびしいからなーどうすっかなー」
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング(2013年01月)
>>過払い請求の業者別対応状況【2012年最新版】
>>経営破綻した貸金業者一覧
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧

過払い金横領などで神戸の司法書士告発

依頼者からの預かり金や返還すべき過払い金などを着服したとして、兵庫県司法書士会は18日、業務上横領と詐欺容疑で神戸市の男性司法書士(57)を神戸地検に告発した。被害者は50人近くいるとみられ、被害総額は数千万円に上る可能性があるという。

同会によると、この司法書士は2006年5月~12年、神戸市内の70代の夫婦ら4人から債務整理を依頼されたが、預かり金を貸金業者に渡さなかったり、無断で業者と和解したりして現金計約420万円をだまし取った疑いがあるとしている。

昨年8月、顧客から同会に「連絡が取れなくなった」などと苦情があり、調査を開始。当初、聴取に対し、司法書士は「処理できていない案件が数件あるだけ」などと説明していたが、今年1月、代理人弁護士を通して「不適切な会計処理を行った」とし、破産申し立ての準備を進めていることを通知してきたという。[神戸新聞]

過払い請求が減少している状況の中、過払い金横領した司法書士が告発されました。
弁護士より司法書士の方が、過払い金をパクる悪人が多いような気がするのは気のせいでしょうか?
被害者は高齢で、被害人数は40~50人に上るようです。

懲戒・戒告処分を受けた司法書士を調べてみようと思いましたが、全国一覧で検索できなくて都道府県ごとにある司法書士会のHPを調べなければならないようです。あとは、官報を調べるしか方法がないのでしょうか?


【関連記事】
>>非常識極まりない会社!アイフル
>>【任意整理・時効援用】「これだときびしいからなーどうすっかなー」
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング(2013年01月)
>>過払い請求の業者別対応状況【2012年最新版】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>経営破綻した貸金業者一覧
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)

過払い金請求を事務員任せの司法書士を懲戒処分

いまだに過払い金請求依頼を司法書士・弁護士が依頼者と面談せず、事務員に業務を任せている悪徳司法書士・弁護士がいます。事務員に丸投げまではいかないが、特に規模の大きい事務所になると初回に挨拶だけ司法書士・弁護士して、あとは事務員が業務をする事務所もあります。
過払い金請求依頼は、面談を事務員に任せず司法書士・弁護士本人が直接する事務所に依頼しましょう。

【過払い金請求を事務員任せ、司法書士を懲戒処分】
払い過ぎた借金の利息を取り戻す「過払い金返還請求」などの業務に際し、依頼者の面談を行わずに事務員任せにしたなどとして、福岡法務局が、安藤静香司法書士(37)(福岡県那珂川町)を業務停止1年の懲戒処分にしていたことがわかった。安藤司法書士は福岡県司法書士会を退会した。

同会によると、安藤司法書士は2010~11年、依頼者の面談を事務員にさせたり、提訴できることを説明せずに貸金業者と和解したりした。さらに、法務局の聞き取り調査に「都合がつかない」などとして協力しなかった。法務局は、これらが司法書士法に違反するとして、今月17日から1年間の業務停止とし、28日の官報に公告した。

昨年6月、「相談に立ち会わずに事務員に仕事を任せている」との情報が法務局に寄せられ、依頼を受けた同会が調査を実施。依頼者31人にアンケートしたところ、12人が「1度も面談していない」、3人が「1度だけ」と回答した。
(2012年12月31日 読売新聞)

【関連記事】
>>過払い金依頼の失敗例(27) アイフルの過払い金全額請求を断る弁護士事務所
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング(2012年07月)
>>ネオラインキャピタル・Jトラスト社長が語る「過払い」
>>過払い請求の業者別対応状況【2012年最新版】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>経営破綻した貸金業者一覧
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)

【武富士新CM】過払い金返還峠越えで消費者金融CM増加

貸出金利の上限引き下げやグレーゾーン金利の撤廃、貸出枠の総量規制、過払い金の返還請求と逆風にさらされてきた消費者金融に、ようやく明るさが見えてきたようだ。

最大手の「アコム」は2013年3月期第2四半期(2012年4~9月期、累計)の業績予想を上方修正するなど好調。SMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」や新生銀行の「レイク」、Jトラストの「武富士」などはテレビCMでの露出が増えている。
[J-CASTニュース]

最近、テレビを見て消費者金融のCMよく見るなと感じていました。
アコムは、タモリさん。
プロミスは、相武紗季さん。
レイクは、山田優さん。
アイフルは、バナナマンさん。
芸能人を起用してCMを積極的に打ってきている。

CMで、消費者金融⇒パチンコ⇒法律事務所という流れで見たとき、切なくなりました。

一方、武富士も12年10月13日から、「踊り」を前面に押し出した「武富士」ブランドのテレビCMを復活しました。武富士のCMと言えば、武富士ダンサーズのインパクトが印象に残っています。
「うぉんちゅーしーまいへー あーのにのねぇー そーちゅなごろなしっまいなろうぇ~」
です。
が、イメージ一新のため、再開するCMではダンサーズの起用は見送られています。

Jトラストの藤澤信義社長いわく「知名度を生かしつつ、利用者に『また借りられますよ』ということを伝えたい」が武富士CM再開のねらいだそうです。
「ダンスで日本を元気に」だそうです。これは本気で言ってるのでしょうか?ジョークですよね?
過払いを踏み倒した会社が、どの口で言えるのでしょうか?
ずうずしいというか、虫が良すぎるというか。
「ダンスで日本を元気に」という前に、まず責任を果たすべきではないでしょうか。
武富士のCMを見て、債権者、特に過払い債権者は激怒しています。

>>今新しい武富士やCMしてたがつぶれたから過払とかももう返してくれないんやろ
>>今日武富士のCMを見ました
>>新しい武富士のコマーシャルを見ました。 過払い金の返還もまともに出来ずに経営...

武富士ブランドを扱っている会社が、ロプロから日本保証に社名変更していた事にさっき気付きました。名前がコロコロ変わるJトラスト関係は訳が分からなくなる。これも戦略のひとつなのでしょうか。

【関連記事】
>>過払い金依頼の失敗例(25) 面談予約をしたのに司法書士がいない
>>ネオラインキャピタル・Jトラスト社長が語る「過払い」
>>過払い請求の業者別対応状況【2012年最新版】
>>弁護士・司法書士事務所の正しい選び方6つのポイント
>>経営破綻した貸金業者一覧
>>債務整理・過払い依頼 弁護士・司法書士のブログリンク一覧
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング(2012年07月)
>>司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継(萩原事務所)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。